顔を触る人

整形を知る

医者

どういった効果があるか

近年様々な人が整形を行っています。芸能人の整形は大きなニュースになるなど、日本は特に整形に関して敏感な国でもあります。そして、まだ一度も整形を行ったことのない方でも、整形に興味を持っている人は大勢いるでしょう。そういった人たちの中で、よく耳にする整形といえばボトックスです。しかし、ボトックスといってもそれがどこにどういった形で作用するのかを知っている人はあまりいないのではないでしょうか。より高い整形効果を得るためにも、必ずボトックスについて知るようにしましょう。まず、ボトックスを利用する目的です。一番有名な目的は、顔のしわを取る目的です。注射をすると、一定期間の間注射した場所のしわがなくなります。また、眉間や目じりなど様々な場所に注射することができます。医師と相談して、目立つしわを治してみましょう。また、下がっている口角をあげることもできます。さらに、エラを細くする治療を行うこともできます。このように、ボトックスは様々な美容整形をする際に利用されています。ボトックスを活用する例を挙げるとするならば、一時的に自分をきれいに見せたいとき、例えば恋人とのデートや、大事なプレゼンの場などの前に注射を打つといいでしょう。効果は永久的なものではないので、必ず自分をきれいに見せたい場に赴く少し前に注射をするようにしてください。そうすることで、重要な場面で自分のしわがきれいになくなり、より美しく、若い自分を見せることができるでしょう。ボトックスというと、美容整形に使われるイメージが強いですが、実はほかの用途でも使います。顔面神経麻痺の方の健側の過緊張を収めたり、多汗症を一時的に改善したりといった使い方が代表的です。整形に興味を持っていない人でも、このことを知っておくことであとで得をするかもしれません。最後に、ボトックスを打つ際に必ず知っておかなければならない副作用についてです。副作用は基本的にボトックスの注入量が多すぎる場合か少なすぎる場合に起こります。顔の形が左右で異なってしまうなどといった症状が出てしまいます。また、最悪の場合は表情の喪失が起こる可能性もあります。ですが、これに気を付けることは可能です。それは、医師選びです。副作用が起こる原因は医師の投与ミスにあります。安さばかりを追い求めると施術が上手でない医師にあたってしまい、副作用が出る可能性が高くなります。多少料金が高くなっても、必ず実績や経験がある医師のもとでボトックス注射を打つようにしましょう。