顔を触る人

注射一本だけ

女の人

シャープになる

副作用は困りますが、今までエラ張っているときの治療には大がかりなえら削りしか方法なかったです。ボトックス登場後ボトックス持続期間約6か月で元に戻り、永久的効果望む人はえら削りしか選択しなかったのです。そして、ボトックスはボツリヌス菌が産生するたんぱく質を加工しつくられた医薬品で筋肉の動き弱くする作用があります。毒素は医療用として使われていて、十分その特性理解している意思が治療をすれば全く問題ありません。ボトックスは美容外科以外の分野で瞼のけいれんなど治療に利用されていて厚生労働省認可もされています。そして、エラボトックスはエラ張りの原因のえら部位にある咬筋という筋肉中にボツリヌス菌注入して咬筋収縮抑えられて、ボトックスで収縮抑えられた咬筋は使わないことで萎縮します。ちょうど筋力トレーニングしなくてはどんどん筋肉落ちたり寝たきり老人の手足がやせる時と同じ原理です。筋肉が収縮するとき細胞ればるはその近位くコントロールする神経末端から、筋肉に神経伝達物質放出されて筋肉側はアセチルコリンをアセチルコリンレセプターで受け止め、その劇で筋肉収縮します。ボトックスはアセチルコリン抑える作用でボトックス打ってその部位の筋肉収縮できなくなるのです。そして、ボトックス注射をして3週間〜1か月で徐々に顔シャープになっていきますが、体重そのものは変わりませんが、ほっそりしたフェイスラインとなり痩せたのと周りから聞かれたりするでしょう。エラの筋肉発達して顔が大きく見えてしまう方はかなり小顔効果があって注射すれば内出血起きることありますが、わずかなものでありメイクでカバーが可能。そして副作用心配ですが、術後すぐメイクすることができて周りに気づかれなく施術を受けられて、徐々にシャープとなり、とても自然な仕上がりになってきます。そして、小顔効果持続させたければ効果薄れてきたころ定期的に注射しましょう。ボトックス注射はその名通り注射1本打つだけで小顔なることができて施術にかかる時間は5〜10分程度。ですが、注射で理想の小顔なりたければ事前にしっかりカウンセリングする必要があるのです。そして副作用は気になりますが、エラ張っている方は筋肉発達してか大きく見える方もいれば骨そのものが突き出して顔大きく見える方もいたりします。前者は注射で小顔にあれたりしますが、後者は骨削っていったりしなくては思うような効果にならないということもあるのです。副作用は避けたいものです。