鏡を見る人

病院選びでリスクが減少

ボトックスの副作用は、眉毛ライン変更や表情の硬直などの深刻な事態を生み出す事が多く、様々な影響を及ぼします。回避する為には高い技量を備えている医師に担当してもらい、適切な薬の量や注射角度などに注意すれば、副作用を回避可能です。

ボツリヌストキシンの効果

カウンセリング

小顔化やシワ改善ができる

小顔の形成やシワの予防ができるプチ整形といえば、ボツリヌストキシン療法です。ボツリヌストキシンはボツリヌス菌が産生するタンパク質の一種で、それを注射するのがボトックス注射です。ボツリヌストキシンは毒素ですが、その毒には神経を麻痺させる作用があります。「毒」といってもボツリヌストキシン療法では副作用が出ないように致死量の100分の1以下のボツリヌス菌を注射するので安全です。それにもともと神経外科で昔から使われていた注射で、ボツリヌス菌によって重篤な副作用が出たという報告は今のところないです。神経麻痺作用があるボツリヌストキシン療法を活用すれば、様々なコンプレックスがなくなります。フェイスラインにある筋肉を柔らかくしてシャープにするのが、小顔ボトックスです。小顔ボトックスは、大事な顔を一切切開しないで顔を小さくする、夢のようなプチ整形です。ボツリヌス菌の働きによってフェイスラインの筋肉が弱まり、収縮して引き締まります。生まれつきエラが発達している顔立ちの悩みに、小顔ボトックスはおすすめです。目じりにシワが寄らなくできる「シワ取りボトックス」も、シワが気になる年代の女性の間で人気です。シワにもいろいろ種類がありますが、ボツリヌス菌は表情ジワという種類のシワを寄らなくする効果があります。表情ジワができるのは表情筋が動くからですが、シワ取りボトックスをすればボツリヌス菌の働きで顔の筋力が低下するからです。目じりの表情ジワがなくなるだけで、だいぶ若々しい顔立ちになります。先程も記述した通り、ボツリヌストキシン療法は副作用または後遺症などのリスクが少ない注射です。ただ、大きな副作用はなくても、効果の出方については多少個人差があります。小顔ボトックスの場合、効果が現れるまでに1ヶ月程度かかることがあります。シワ取りボトックスの場合は早くて1週間後くらいです。なお、効果が出るまで筋肉の働きに多少違和感を感じる場合があります。最初はうまく表情が作れなくなりますが、だんだん慣れて落ちついてきて自然になります。目じりのシワ取りボトックスをしたあとに起きるリスクがあるのが、眼瞼下垂です。眼瞼下垂はまぶたを引き上げる筋肉の働きが弱くなると起こりやすい症状です。一時的に目がぱっちり開かなくなったり、物が見えにくくなったりします。それはボツリヌス菌の効果が出ている証拠ですが、気になるようならクリニックに相談すれば適切な処置をしてくれます。

注射

体の悩みは解消できる

ボトックス注射をすれば、シワの解消やスリムなふくらはぎを実現できます。しかし副作用や医師の技術不足によって様々な問題が生じる場合があります。これ等についてあらかじめ知った上で治療を受ける事が必要です。
女の人

注射一本だけ

ボトックス注射を始め、美容整形には副作用が出る事もあります。しかし、人によって様々なので医師としっかり話し合いながら進めていくと良いです。効果でエラを目立たなくし、小顔を手に入れましょう。
医者

整形を知る

ボトックス注射は、主に顔のしわを取るなどといった美容整形に用いられます。そのほかにも、顔面麻痺の方や多汗症の治療にも用いられます。副作用を回避するポイントは、実績と経験がある医師に注射を依頼することです。